大人ニキビとホルモンの関係【大人ニキビの原因と対策】

大人ニキビの原因5「ホルモン」

大人ニキビとホルモンの関係

cause001

 

大人ニキビの原因4「ストレス」で解説した

ステロイドホルモンが大量に出始めると、

今度は「男性ホルモン」が分泌されだします。

この男性ホルモンはその名の通り、

体を男性化するホルモンです。

 


男性ホルモンはニキビに直結!

・皮膚を硬くする

・皮脂腺を活発にして皮脂分泌を増やし、皮膚のバリア機能を強くする

 

といった働きをします。

ニキビは、毛穴の中で皮脂がたくさん分泌され、それが閉じ込められてできます。

つまり、男性ホルモンが増えるということは、

ニキビができやすくなることに直結してしまうのです!

 

 

一生でスプーン2杯分しか分泌されない微量なホルモン

適量であれば、皮脂を作ったりする大切なホルモンなのですが、

少しでもバランスが乱れると美肌には大敵。

ホルモンを減らす治療をすればいいのでは?

と簡単に考えがちですが、

一生でスプーン2杯分しか分泌されない微量なホルモンを無理に調整すると、

体調に多大な影響を及ぼします。

ですから、ニキビのためだけにホルモン治療を行ってくれる病院は

ほとんどないのです。

 

 

DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)

ニキビに深く関係するホルモンとして、

男性ホルモンの他に「DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)」という性ホルモンがあります。

このDHEAは思春期に多量に分泌され、皮脂腺の発達に関わっています。

女性では分泌量が多すぎるとニキビに直結してしまう厄介なホルモンですが、

適量であれば肌の調子を整えてくれる少々難解なホルモンです。

DHEAは赤ちゃんの頃と思春期にピークを迎えるため、

中学生頃にニキビができやすくなるのはこのホルモンのせいなのです。

男性は30代を過ぎて分泌量が下降していくのですが、

女性は30代後半でもう一度ピークが訪れます。

女性は思春期を過ぎてもニキビを侮ってはいけないのです。

 

 

女性ホルモンもニキビに深く関係しています

さらに女性ホルモンもニキビに深く関係しています。

「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と

「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が

お肌に様々な影響を及ぼします。

生理が始まるころ美肌ホルモンと呼ばれるエストロゲンが分泌。

排卵日を過ぎたころに、今度はお肌を荒らすプロゲステロンが増えてきます。

この勢力交代で一気にニキビができやすい肌質になり、

生理前になるとニキビができやすくなるとされているのです。

排卵日がすぎて次の生理までの2週間は、

スキンケアもより丁寧に行わなければなりません。

特に、生理予定日の1週間前から繊細なスキンケアが必要です。

 

 

まとめ

matome

 

 

男性ホルモンが増えすぎるとニキビ発生に直結してしまう。

ストレス、遺伝、原因は様々。

女性は生理前にニキビができやすくなるため、

生理1週間前は繊細なスキンケアを心がけましょう。


この記事が気になった方にオススメ!


ボタン
リプロスキンが怪しい!!
大人ニキビに効果があると口コミで話題の「リプロスキン」ですが、良い口コミばかり・・・本当に効果はあるの??そんな疑問を解消すべく、1本まるまる使い切った感想をレポします!!

大人ニキビ対策!化粧水ランキング
ラ・ミューテ
これでダメなら諦めるしかないかも・・・大人ニキビの原因ホルモンバランスを改善する新発想ケア。
リプロスキン
トラブルや刺激に負けない“健やかな肌”を作る導入型柔軟化粧水。満足度92.9%。
VCローション
大人ニキビの改善に大切な「ビタミンC」を高濃度で配合。肌に届く高浸透処方で肌トラブルを改善。
ミスパリ
25年以上のロングセラー商品だから安心感が違います。サロンでも人気。
ルナメア
フジフィルムが開発した大人ニキビケア。数々の賞を受賞しリピーターも多い。



口コミアンケート!